Russian German English (UK) Spanish Portuguese (Brazil) French Polish Turkish Italian Chinese English (US)
ts08-system.jpg

アルミろう付け/制御雰囲気ろう付け(CAB)温度監視システム

ラジエーター、コンデンサ、ヒーターコア及びオイルクーラー等の製品を製造するアルミ業界では、TS08システムは600℃の温度に達するCAB(制御雰囲気ろう付け)炉中の厳しい条件に耐えられるように開発されています。このシステムは、製品の重要ポイントから一貫して正確な温度データを収集します。

screenshot.png

ts08.jpg

システムの中核であるPTM1-010データロガーは炉内でTS08 耐熱ボックスに保護され、この耐熱ボックスはこれらのプロセスで用いられる、たいていの耐熱ボックスを破壊してしまうフッ化水素酸の腐蝕にも耐えられるように設計されています。耐熱ボックス内の酸素レベルを最小限に引き下げるため、ボックス内の耐熱材には予め窒素が充填されています(この過程で水分が生じるかもしれません)。CAB炉のろう付けシステムはTS08-125-1耐熱ボックス、PTM1-010データロガー、PhoenixTMサーマルビュープラスソフトウェア、RF遠隔測定オプション及び一連の PhoenixTMシース熱熱電対を統合しており、CAB炉の日常的な使用に理想的、丈夫、正確なシステムです。


詳細情報やデータシートについては、弊社にお問い合わせください。 sales@phoenixtm.com