アルミ熱処理

今日のアルミニウム製造市場では、ますます軽量、安全、寿命の長い材料になりつつあります。
より持続可能な。 既存の材料をアルミニウムで置き換えることを検討しているメーカーは、アルミニウムの部品と製品の新しい熱処理が仕様どおりに効率的かつ経済的に行われていることを証明する新しい方法論を必要としています。 このニーズに対応するために、PhoenixTMは、アルミニウム製造市場のアプリケーション向けに特別に設計された幅広い温度プロファイリングソリューションを提供しています。
Phoenix Content 0008 PhoenixTM System Aluminium HTS06 HTS06 T6 System
PhoenixTM System – Aluminium HTS06

HTS06アルミニウム溶体化処理および時効硬化(T6)プロセス

鋳造後、ロードホイール、シリンダーヘッド、ブレーキキャリパーなどの製品は、溶体化処理と時効硬化(T6)によって強化されます。 これには、アルミニウム鋳造品を指定された温度に加熱し、水中で急冷してから再加熱することが含まれます。 PhoenixTM HTS06システムは、T6プロセス全体を監視するために特別に開発されました。

読み続けて
Phoenix Content 0002 PhoenixTM System Aluminium HTS08 HTS08 Aluminium Brazing
PhoenixTM System – Aluminium HTS08

HTS08アルミニウムろう付け(雰囲気制御ろう付および真空)

HTS08システムは、ラジエーター、コンデンサー、ヒーターコア、オイルクーラーなどの製品が製造されるアルミニウムろう付け業界で使用され、温度が600°に達するCAB(制御雰囲気ろう付け)炉の過酷な条件に耐えるために開発されました。このシステムは、製品の重要なポイントから正確な温度データを一貫して収集します。

読み続けて
PhoenixTM 0004 PhoenixTM System Aluminium HTS57 TS57 Rotating Thermal Barrier
PhoenixTM System – Aluminium HTS57

HTS57アルミニウム棒材均質化

鋳造後、アルミニウム棒材は押出成形会社に供給される前に均質化されます。

ウォーキングビームプロセスは、長時間(580°Cで最大13時間)の処理を要求するだけでなく、プロファイリングシステムが棒材と一緒に回転する必要があるため、同じ直径かその以下のサイズで同形である必要があります。 PhoenixTM TS57回転円筒デザインは、プロセスの要求を満たします。

読み続けて
PhoenixTM 0000 TS27
PhoenixTM System – Aluminium HTS27

TS27スペース制限自動回転炉

HTS27耐熱ボックスシリーズは、高温プロセスで動作するコンパクトなシステムを提供するために開発されました。

炉内の空間が限られている監視対象の製品またはテスト製品内に統合されたシステムとともにロボットで搭載する必要がある、最新のT6回転炉に最適です。

読み続けて