データロガー

PhoenixTMデータロガーは、過酷な産業環境での使用向けに設計されています。 電子機器は、頑丈な耐水性の機械加工されたアルミニウムケースによって保護されています。 エラー検出とノイズ低減を備えた冷接点補償により、正確で信頼性の高いデータが保証されます。 オプションの双方向無線システム(RFテレメトリ)を利用できるため、リアルタイムのデータ分析が可能になり、データロガーをリモートでリセットやダウンロードすることができます。 すべてのロガーには、国家標準にトレーサブルな工場での校正証明書が付属しています。 必要に応じて、UKAS(英国)またはDKD(ドイツ)への認定オプションを提供できます。 利便性と将来の参照のために、オリジナルの校正証明書と校正データがデータロガー内に保存され、必要に応じてアクセスできます。

  • 機械的および防水保護を提供する頑丈な軽量機械加工アルミニウムケース
  • データロガーの精度、通常+/- 0.3°Cを効率的な冷接点補償およびノイズ低減機能により保証
  • 380万の大容量データポイントメモリと0.2秒までのサンプル測定、および測定分解能0.1°Cで詳細な温度プロファイルが可能
  • ー200+2300°Cのプロセス要件に合わせて、さまざまな動作および測定温度範囲
  • 6〜20チャネルの構成可能な熱電対バージョンで、アプリケーション仕様に一致する熱電対タイプを選択可能
  • K、N、T、J、B、C、R、Sを含む熱電対タイプ
  • 最大1000時間の動作を提供するユーザー交換可能なバッテリー
  • オプションの双方向無線システム(RFテレメトリー)機能により、オーブンまたはファーネスから直接リアルタイムでの温度測定とデータロガーの制御が可能
  • Bluetoothによるワイヤレスでのリセットおよびダウンロード動作
  • リモートでのリセットとダウンロードを可能にするモバイルアプリ
  • CQI-9およびAMS2750 TUS操作の一部として内部校正証明書からの自動データロガー補正係数の適用.
  • ATEX分類ゾーン(GAS Zone2)で安全に使用するための本質的に安全なデータロガーオプション
  • AMS2750およびCQI-9バッチ炉TUS操作用の外部スタンドアロンデータロガーオプション

*すべてのモデルに適用されるとは限りません

PTM1220 Standard v2

PTM1200(標準温度)範囲-従来の耐熱ボックスの使用

PhoenixTM高温システムの範囲で使用するために設計されていますマイクロポーラス断熱材と

ヒートシンク技術を組み込んだ従来の断熱設計によって熱保護が提供される温度分布測定、TUSのいずれかを必要とする金属の熱処理。

データシートをダウンロード [362 KB]
PTM1220 HT

PTM1200 HT(高温)シリーズ-水蒸発式耐熱ボックスの使用

PhoenixTM高温システムシリーズでの使用向けに設計-金属の熱処理には温度分布測定やTUS

温度プロファイリングが必要であり、水蒸発式耐熱ボックス設計によって熱保護が提供されており、データロガーは100°Cで安全に動作する必要があります。

データシートをダウンロード [363 KB]
PTM1220LT

PTM1200 LT(低温)シリーズ

PhoenixTM塗装システムの範囲で使用するように設計されています-

塗料および粉体塗装硬化オーブンを監視するためのコーティング市場向け

データシートをダウンロード [466 KB]
PTM1220NT Data Logger

PTM1200 NT(マイナス温度)シリーズ

PhoenixTM食品システムのシリーズで使用するように設計されています-

調理プロセスと冷却/冷凍プロセスの両方で監視が必要なHACCP検証のための食品加工市場向け

データシートをダウンロード [263 KB]
externer Logger auf Riffelblech

PTM3-200外部ロガーシリーズ–外部のスタンドアロンデータロガー

特に、PhoenixTMサーベイシステムのシリーズで使用するために設計されています– AMS2750およびCQI-9 TUS要件を満たすためにバッチ炉の温度サーベイを必要とする熱処理産業向け

炉の外部にあるデータロガーには、耐熱ボックスは必要ありません。

データシートをダウンロード [623 KB]