TUSシステム(

TUSシステム(AMS2750EおよびCQI-9)

自動車および航空宇宙産業で働く熱処理業者は、CQI-9またはNADCAP / AMS2750E仕様に従って、熱処理プロセスの温度均一性調査を行う必要があります。

オペレーターは、特定の設定温度において炉クラスごとに設定された温度均一性の許容温度内に入っているかを証明する必要があります。

このような要件を満たすために、PhoenixTMはさまざまなソリューションを開発し、顧客のTUS運用における選択と柔軟性を可能にしています。

バッチ炉TUS

プロセスTUSオペレーション - データロガーを保護する耐熱ボックスは、安全かつ効率的にTUSフレームと共に炉に挿入されます。 炉の外側から熱電対を引き入れる際おきるような問題はありません。 PhoenixTMデータロガーで利用可能なRF無線システムオプションを実装することにより、各温度設定点でのリアルタイムのサーベイが得られます。

PhoenixTMが提供する幅広い耐熱ボックスからTUSが必要な温度範囲だけでなく、高圧(ガスおよびオイルクエンチ)の両方に対して保護するシステムを選択できます。

TUS Batch Furnace

従来の炉の外側から引き入れる熱電対を利用するTUSに対してスループロセスTUSの利点

  • システムを炉の外側でセットアップするため、炉のダウンタイムを最小化
  • システムは温度が上がっている炉にも設置できるので、炉の冷却時間による遅延がありません。
  • 炉の外側から熱電対を引き入れる場のように、炉のドアを通して熱電対を管理する必要はありません。
  • システムは、自動化された半連続バッチ処理で複数の加熱チャンバーを通過できます。
  • 生産ワークフローへの影響が少ない

外部TUSオペレーション

PhoenixTMは、PTM3シリーズの外部データロガーを提供します。

システムを炉内においての測定よりも炉外から熱電対を入れる方が望ましい場合には、外部でのTUS測定用1020チャネルデータロガー。 データロガーは、サーマルビューサーベイソフトウェアと完全に互換性があり、TUS要件に合わせてさまざまなタイプの熱電対で構成できます。

externer Logger auf Riffelblech

連続炉TUS

連続コンベヤ炉の場合、明らかに連続炉を通過しながら測定できるTUSシステムは、炉外からの熱電対を引き入れる方法より安全で効率的な選択肢です。 システムが炉内を移動するため、移動のないバッチ炉で使用される3次元TUSフレームではなく、炉の2次元平面/スライスの温度均一性を監視するだけでよいことをお勧めします。 。

サーマルビューサーベイソフトウエア SW25

すべてのCQI-9およびAMS2750E TUS分析およびレポートのニーズを満たすために、PhoenixTMは強力でありながら使いやすいサーマルビューソフトウェアパッケージを提供します。 このソフトウェアは、TUS手順のあらゆる側面を手助けし、プロセスを迅速かつ効率的にするように設計されています。

オプションのRF無線システムを備えたPhoenixTMシステムを使用すると、TUSデータは炉から直接モニタリングPCに転送され、各TUSレベルで、熱電対とロガーの補正係数を適用して、温度データをライブでモニタリングできます。 Thermal View Surveyソフトウェアは、AMS2750E / CQI-9標準の要件に完全に準拠するTUSレポートを生成します。

PhoenixTM Thermal View Survey Software AMS2750E TUS

TUSの全機能を提供するためにサーマルビューソフトウェアに組み込まれている機能は次のとおりです。

TUSレベルライブラリ-迅速な効率的なTUSレベルの仕様(サーベイ温度°C /°F、許容範囲°C /°F、安定化およびサーベイ時間)のためのTUSレベルテンプレートのセットアップ

TUSフレームライブラリ-フレームライブラリテンプレートを使用して、正確なTUSフレームの構造と熱電対の位置を明確に示します。

ロガー補正ファイル-ロガーの内部校正ファイルからTUSの読み取り値を自動的に補正するために、ロガー補正ファイルを作成します。

熱電対補正ファイル-校正証明書から熱電対補正ファイルを作成し、それを使用してTUS読み取り値を直接補正します。

TUS結果テーブルとグラフビュー-各TUS温度レベルについて、ロガーおよび熱電対の補正係数に対して行われた補正を含む完全なサーベイ結果をグラフまたはTUSテーブルから瞬時に確認できます。

包括的なレポート– AMS2750EおよびCQI9要件への即時レポート

炉クラスレポート-各温度レベルで指定された炉クラスをレポートします。